ボビンケース物語
裾引きについて
ロックミシンで行う内外カーブ、角縫い
テフロン押さえって
職業用で皮革を縫う
テフロンを削って、ポケットの内縫い
  ボタンホール
職業用でベルベットを縫う
工業用薄物用送り歯
SUISEI バイアスバインダー
バイアスバインダー(カノコラッパ)
2,5o押さえをテフロン加工
ニット縫製、職業用ミシンで
   
 

工業用薄物用送り歯

<工業用薄物用送り歯>
大阪のある教室の先生から、
“薄物専用の「職業用ミシン」ってないかしら。”というご相談。

○<針板>は、各メーカーのモデルに<薄物専用針板>があります。
 <基本針板>と比較して、
・穴が小さい。 ―生地を押し込まない
・厚みがある。―送り歯の出っ張り(高さの割合)が小さくなるから、生地を優しく送ってくれる。

 が特徴です、

○<押さえ>も、<薄物専用押え>があります。
これも、
・針落ちの穴が小さい。前溝が狭い ―生地を押し込まない。
 が特徴なのです。 

“う〜ん、やっぱり其処までか。工業用みたいのない?”との厳しいご質問。
<工業用薄物用送り歯―送り歯の目が細かい。>、こりゃあ無理でしょう、先生。
“じゃあ、それ、「職業用ミシン」に付けてみて!”
そんな無茶な!
いえ、無茶でもなかった。
以下、

     
     

 

「職業用ミシン」<基本針板&基本押さえ> −画像は、潟Wューキ「EP―9500N」モデルです。

 

 

 

 



左から<薄物専用押え><薄物用送り歯><薄物専用針板>

 

 

 

 

押えの比較、左から<基本押え><薄物用押え>
 

 

 

 

 

針板の穴の比較、左から<基本針板><薄物専用針板>
 

 

 

 

 

針板の厚さ比較、左から<基本針板><薄物専用針板>つまり、送り歯が針板より小さく出ることにより薄物に対応する訳です。

 

 

 

 

送り歯の目の比較、左から<基本送り歯><薄物専用送り歯>送り歯が細かく、薄物をよりきれいに送ってくれます。
 

     
  送り歯の目の比較、左から<基本送り歯><薄物専用送り歯>高さは変んないみたい。
 
     
  針板を取り替えましょう。
     
  基本送り歯を外します。
 
     
   
     
  薄物専用送り歯を取り付けます。
     
   
     
  薄物用針板を取り付けます。
     
  送り歯の位置調整。左右の隙間が均一になるように。
     
  薄物用押さえを取り付けて。
     
  完成。
     
  薄物を縫ってみました。
     
   
     

真似しないでください。
これは、あくまで私の好奇心を満たす実験です。

上の<工業用送り歯>は、部品やさんからの無料提供品。
二つの送り歯での仕上がりの差は、判然としません。
どのメーカーの「職業用ミシン」でも取り付けが可能なわけではありません。
※<薄物>に特化して縫製に携わっていられるケースなら、条件として考慮に入れても良いかもしれない。

薄物縫いは、
○薄物用針板
○押さえ
○針
◎糸調節
○押さえ圧力調節
の適応を駆使することが本筋です。
何より技術の練磨を、心よりお願い申し上げます。