<購入前> に徹底的な <検討> をしましょう!

 

 

 

 

 

ミシンは<日常生活>に決して必要というわけではありません。
最も重要な要素は、<縫製>に対する自身の要求度です。

 

 

 

 

 

Level.1

 

“ミシンは、あればいい。ないと困る場合がある。何を縫うかって???”

 

Level. 2

 

“子供の袋物。入園の準備だけ。基本的に縫製は好きじゃない。”

 

Level .3

 

“縫製は好き! クッションやランチョンマット等インテリアグッズを縫う。
たまに、子供のワンピースに挑戦。“

 

Level .4

 

“子供のワンピースやパジャマならOK! 自分のブラウスとなると・・・合う型紙も
必要だし。それよりも、最近、<ニット縫製>に嵌り始めた。”

 

Level .5

 

“近所の洋裁教室に通ってます。将来的には、ジャケット、スーツへの挑戦!”

 

Level .6

 

“作品をショップに持ち込んでます。ネットショップの開店予定。”

 

Level .7

 

“アパレル専門学校へ通う決心をしました。将来は、業界人を目指します。”

 

 

 

 

 

<現在と未来>
自身の欲求を見据えると、選択する機種レベルが全く違ってくるのが解るはずです。
本当の<機種の選択>は、実はここから始まるのです。徹底的にやりましょう! 
ご一緒に。
それが、「新宿・ミシンプロ」のコンセプト。

 

 

 

 

 

ご購入後の <バックアップ> が最も重要だと考えています。

 

 

 

 

 

<ミシン>は「家庭電化製品」です。
でも、何か他の家電とは少し違ったニュアンスがありますね。 何処でしょうか。
TV−視聴、冷蔵庫−保存、洗濯機−洗濯、掃除機−清掃 etc.
家電の目的は、どちらかといえば直截です。
ミシンの目的は<縫製>なのですが、これは生地を縫う事のみに留まりません。
生地を縫い合わせることは、形を創造することなのです。
<創造>には、芸術にまで昇華する道程があります。
つまり、<ミシン>は単なる道具ではなく、これを使用することにより
ホモ・サピエンスとしての存在理由“創造欲求”を満足させることの出来る機械であるわけ
です。

ちょっと大袈裟?(笑)

ミシンの使用は容易です。
洗濯機の全機能を使いこなすのと同程度でしょう。(ホントです。)
問題は、上で挙げた側面<創造>の為に、恐ろしいほど多岐に亘る素材の中から必要とする
ものを取捨選択する段階があり、その素材に合わせた<機械の調整>が不可欠に続くという
ところです。

縫う道具であるミシンの対象素材(殆どが布地ですね)には、千差万別の種類があります。
ジーンズ、帆布のような厚地から中厚地を経てジョーゼット、シフォンのような薄地まで、又、皮革、特殊なビニール素材等々。
その各々が違った性質を持っています。柔軟性、伸縮性等々です。
一枚の布においてさえ、縦目、横目で大きく違っていることすらあるのです。
では、それらを<美しく縫製する>ことは簡単でしょうか? いえいえ、決してそんなこと
はありません。

縫製の基準を<既製品>(商品)に置きます。
その仕上がりを美しいとするならば、それらは全て、「工業用ミシン」を使用し専門家の手
によって為されたものです。

数分の一しか力の無いモーターを搭載した「家庭用ミシン」での縫製能力に限界があることは、おおよそご理解がいただけるはずです。

ミシンは、あまり故障しません。
イ) 機械本体の使用ミス。
ロ) 機械能力の限界を超えた使用による仕上がりのトラブル。
ハ) 素材に対するユーザーの知識不足による不良な仕上がり。
   等を、<故障>と勘違いすることが殆どなのです。

「ミシンプロ」は、徹底的にお付き合いをします。
上記原因で、高額な修理料金などを支払ってはなりません。

“ご購入機種に関しての徹底的なバックアップを努めること。”

これが、<メンテナンス>に対する「ミシンプロ」のコンセプト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  <お問い合わせ先>
 フリーダイヤル 0120−34−0250

 営業時間 11:15 〜 20:00
 E−Mail info@mishin-pro.com

 お問合わせについては電話もしくは、Eメールにてお願いいたします。